2018年12月03日

氏名を自動でヘボン式ローマ字変換するのは難しい

こんにちは、滝澤です。


今日も変わらず、アカウント作成業務を実施していた時のこと。

私の業務では、日本語の氏名(姓・名)からメールアドレスを生成しており、

「ヘボン式ローマ字変換」をルールとしています。


手作業でのローマ字変換は手間なのでVBAを検討・調査し、

ローマ字変換までは可能となりましたが、

日本語の氏名(姓・名)からの「ヘボン式ローマ字変換」は目視チェックが必須となってしまいました。


今日は、

「氏名を自動でヘボン式ローマ字変換するのは難しい」について投稿したいと思います。


なぜ、氏名の自動ヘボン式ローマ字変換は難しいのか、

原因はヘボン式ローマ字変換のルールにある「長音」の扱いにあります。


長音ルール   :母音の重なりを1文字で表記する。

           (例: とおる→TORU 、 おおにし→ONISHI )


たとえば「広岡(ひろおか)」さんをヘボン式ローマ字変換する場合、

そのまま、ルールに沿うと、「hirooka」ではなく「hiroka」となってしまいます。

これは、「hirooka」の「oo」が含まれるためです。


しかしながら、日本語としては「広」「岡」と漢字が分かれるため、「hiro+oka」の「hirooka」と作成するのが望ましくあります。

その他の例:

ひろおかいのうえおおにしとおるこうじ
HirookaInoue×Oonishi×Tooru×Kouji
×Hiroka×InoeOnishi○Toru
○Koji

その他の氏名でも上記のように、日本語の区切りを判別して長音を1文字とするか判断する必要があります。


上記以外の方式として、「氏名のパターン」を組み込むこともを検討しましたが、どちらも実現が難しく断念しました。

 ・「氏名のパターン」を組み込む : パターンが膨大で漏れが発生する

 ・「日本語の区切りを判別」する : パターンが膨大で漏れが発生する


結論としては、

最低でも氏名を入力するどこか1つのシステムで目視チェックが必要になるという、ありきたりなものになってしまいました。


「「氏名を自動でヘボン式ローマ字変換するのは難しい」」

それではこの辺で失礼します。

posted by 滝澤 at 12:04| Comment(2) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

wordでフッターをページ毎で設定するには?

こんにちは、和地です。

今日はお客様先で最近あった問い合わせ内容について書きたいと思います。

ついこないだですが、常駐している先のユーザー様から

「wordであるページだけフッターを変えようとしたら全てのページが同じ内容になっちゃった(;▽;)」

と問い合わせがありました。

どうやら各ページに「ページ1.2.3.4.5・・・」と振っているのですが
特定のページだけ「ページ2の2」にしたいとのこと
無題2.jpg
普通の状態

無題3.jpg
特定のページ(ここでは3ページ目)のフッターを変えると・・・

無題4.jpg

全て「ページ2の2」になってしまった!!(表示は1ページ目)


そんなわけで対策を考えました

思いついたのが・・・


セクション区切ればいいのでは??


ということでやってみました

まずは特定のページでセクションを区切ります
無題5.jpg
「ページレイアウト」から「区切り」をクリックして「セクション区切り」内にある「現在の位置から開始」をクリック

無題6.jpg
「フッターセクション2」になっていますね。これで分かれましたヽ(´▽`)/
「フッターの編集」をクリックし、「ナビゲーション」内にある「前と同じヘッター/フッター」をクリックし外す


このあとは変更したい内容にフッターを編集します。
ただ、この後のページが全て「ページ2の2」になってしまうのでもう一手間かけますヽ(・∀・)ノ


無題7.jpg
その次のページもセクション区切りを行います(ここでセクションが3になってます)
その後ページ番号を調整するので「フッター」ツールから「ページ番号」をクリックし「ページ番号の書式設定」をクリック
無題8.jpg
書式設定の画面がでるので「連続番号」の「開始番号」を編集する(ここでは3ページ目から再開したいので3に変更)




以上で完成ですヽ(´▽`)/


いかがだったでしょうか?

フッターって一度設定すると残りページも全て同じになるので便利ですが、一部だけ変えるとなると結構大変です。

お困りの方の手助けになればと思います


それでは今日はこのへんで失礼します



和地


posted by 和地 at 10:00| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

いまさら聞けない、ソフトウェアライセンスの種類

こんにちは、川島です。
今回は、ソフトを導入する際にかかるソフトウェアライセンスの種類
について書きたいと思います。

基本的にパソコン・サーバ上で動作するソフトウェアにはライセンスが存在します。
簡単に言うと、『どの範囲・期間・料金で利用を許可します』と開発元が
定めたルールのことです。その範囲から外れた利用はライセンス違反となります。

ソフトウェアには無料のものもあれば、有料のものもあります。
細かくはいろいろありますが、ソフトウェアライセンスの主たるところは
下記4種になります。

●フリーウェア
●シェアウェア
●オープンソース
●商用・市販ソフトウェア

では、それぞれについて簡単にご説明します。

【フリーウェア/オープンソース】
フリーウェアは、無料のソフトウェアライセンスのものをいい、
無料でダウンロード配布等しているものになります。

オープンソースというものは、ソフトウェアのソースコード(プログラムの中身)を
公開し、利用する企業や個人が修正を入れるなどして提供してもよい
というものになります。
しかしながら、敷居としては高めで、しかも基本的には無保証になります。
動きがおかしいなどがあっても、自己解決することが求められます。

フリーウェアは、オープンソースとは違い、無料で配布しているものの、
変更することはできず、『商用利用ができない場合がある・再配布できない』など
制限があるものがほとんどです。フリーであっても著作権を放棄しているわけではない
こともご注意を。


【シェアウェア/商用・市販ソフトウェア】
フリーウェアに対し、試用は無料だが、その後の利用は有料となったり、
追加機能を利用するには有料だったりするのがシェアウェアです。
基本的には、ダウンロード販売を取っており、個人開発の場合もあります。

商用・市販ソフトウェアは個人向けではなく、企業向けのものが多く、専門分野特化
のものが多く、その分野における機能が充実したものが多いです。
その分、金額も高額になりがちです。また、ライセンス契約の形態も書ききれないほど
複雑なものがあります。

しかし、対価が必要なだけに機能修正や変わっていくパソコン環境にも対応できるように
アップデートもされていきます。シェアウェアもこのあたりは同様です。

さて、今回はソフトウェアのライセンスについて書きましたが、
そもそもなぜこれを書いたかというと、お客様先で業務をするにあたって
自分の遣っているソフトに対するライセンスについての考えが希薄に感じたんですよね。

利用制限・期限があったり、他にも必要なライセンスがあったり、
思っている以上に複雑なんです。

ここで記載しているのもライセンスの大枠のみだったりします。
もう少し掘り下げると、細かく契約形態が存在します。

たとえば、マイクロソフト社のOfficeのライセンスも実に分かり難い。
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013/license/commercial.aspx
※参考:マイクロソフト社 『Officeライセンスのご案内 Officeの買い方・選び方』

そのため、会社でのソフトウェア導入の際は、開発元にライセンスについて細かく
確認されるか、私たちのような導入支援を行っているような会社を挟むなどを
お奨めします。企業向けソフトウェアは、本当にライセンス体系が非常にわかり難いです。

ライセンス違反や、本来やりたかった事ができないなどの無いように
気をつけてくださいね。

それでは今回はこの辺で。
posted by 川島 at 11:25| Comment(0) | 運用保守 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする