2017年06月26日

IT機器の廃棄について

こんにちは。河辺です。

弊社(CBIT)は平成3年の設立より、今期で28期目となりました。

もう四半世紀以上、IT屋として仕事をしております。

詳しくは弊社HPにて↓
 株式会社CBIT(シービット)会社概要

当然の事ながら、IT機器を多く所有してます。

商売道具のようなものですからね。

IT業界のみならず、どの業界でもIT機器は普通に使われてますし、

むしろパソコンとか一切使わない仕事ってまずありませんよね。


そして、PCや携帯電話などのIT機器は劇的に進歩しました。

Windows7が出始めたあたりから(リリースは2009年)

進歩の度合いが緩やかになった感じはありますが、

それでも数年前のPCはスペック的に物足りなさを感じてしまいます。


さて、その古くなって誰も使っていないPC

「もしかしたら何かに使うかもしれない」という理由だったり、

「ある程度まとまった台数になるまで保管する」という理由で

社内の片隅に積まれていませんか?

どうやって廃棄すれば良いか分からない」なんて理由もあるでしょう。


ご自宅の場合も同じですね。

新しいPCの購入時に、『データ移行+古いPCを下取り』なんてサービスを

やっている店舗もありますが、

既存PCが壊れていなければ「まだ使えるし」と保管するケースが多いですね。


そうやって保管していたPC、ずっとそのままにしておくわけにもいきません

まだ動くものであれば、データ消去しオークションや中古販売店に売る、

という手もありますが、それなりの知識や手間をかける時間が必要です。

普通に粗大ごみとして捨てるにも、お金がかかります。

 ※「資源有効利用促進法」(PCリサイクル法)
  2003年施行。廃棄PCはパソコンメーカーが回収・リサイクルを実施する法律。
  PCリサイクルマーク(↓) が付いていないPCは料金がかかる。
    pc_rec.gif

そもそも、PCは個人情報の塊です。

完全にデータ消去できているかも不安ですよね。

ですがちょっとした知識があれば、これは簡単にできるものです。

以前に記事を書いてますので、そちらを参考にしてください。
USBメモリについて(3)USBメモリの廃棄
 この記事の「Cipher.exe」というWindows標準のツールを使います。


「お金もかけたくないし、時間もかけられない。PCの知識もあまり無い。
 売ってお金にしようとは思わないから、タダで持って行ってくれないかな?
 データ漏洩が怖いから、データ消去もちゃんとしてね!」

なんてお思いの貴兄貴女。

良い方法、ありますよ!

それは『PC回収業者』を利用する事です!

多分、ネットで一度は目にしたことがあると思いますが、

「パソコン無料で回収いたします」の文言。

ちょっと惹かれますが、すぐさま思い浮かぶのが「あやしい」ですね(笑

中のデータが目的で、情報を売られるのではないか、と・・・。


『PC廃棄』で検索すると分かりますが、このようなPC回収業者は多いです。

【一部例】
 ・パソコン回収.com
 ・パソコンファーム
 ・パソコン処分.com
 ・パソコン廃棄.com
※似たような名前が多いですが(^_^;)

これら業者に共通しているのが、廃棄ではなく「リユース・リサイクル」という点。

古くなって動作が遅いPCでも、需要があるところにはあるものです。

壊れていて動かないPCでも、パーツを細かく分類してリサイクルします。

これらによって収益化されるため、無料で引き取る事ができるのです。


気になるデータ消去も、しかるべき手段によって消去を行い、

場合によっては物理的な破壊(ドリルで穴を開けたり、高圧で外装ごと破壊する等)

を行い、業者によってはそれを見学できるサービスもあったりします。

当然、「データ消去証明書」も発行されるので安心ですね。


そして、さらに便利な点が。

それはPCだけでなく、いわゆる「家電」も回収してくれる事!

ご家庭やオフィスでもあると思いますが、普通に捨てるとお金がかかるような家電製品。

シュレッダー、デジカメ、掃除機やエアコンまで回収する業者もあります。


引き取り方法も、持ち込みや着払いでの発送、訪問回収など

業者によって色々と方法がありますので、

いくつか比べてみると良いでしょう。

オフィスだけでなく個人でも利用できる業者がほとんどで、

1台からでも受け付けています。


「無料なんて怪しい。タダより高いものは無い。」

なんて思いがちですが、安心安全な業者がほとんどです。

ぜひ利用する事をお勧めします!

posted by 河辺 at 17:11| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: