2018年09月23日

無料で使える!?GCPでのクラウド環境構築のススメ

舘です。
今回はとあるクラウドサービスをご紹介したいと思います。

皆様は、個人で気軽に使えるサーバが欲しい…そう思った事はありませんか?

私の場合は、とあるプログラムを24時間常に実行できる環境がほしいと考えていました。
他にもwebサイトの公開用であったり、外出先でも参照できるファイルサーバにしたい場合など
ちょっとした用途で使えるサーバがあると便利ですよね。

まず思いつくのはPCを24時間稼働させてサーバとして利用することですが
・そもそもの環境構築とメンテナンス
・故障時の対応
・停電や回線障害による停止リスク
などなど個人で運用するのは手間がかかります。

次に思いつくのがVPSなど仮想サーバをレンタルできるサービス。
こちらは上記のような運用の手間は削減できるものの
自宅でPCを稼働させるのに比べてランニングコストが高額で気軽に利用はできません。

手間もお金もかけずに利用できるサーバは無いものか…
そうお悩みの方にオススメしたいのが
Googleが提供するGoogle Cloud Platform (GCP) です!

GCPはIaaSと言われるクラウドサービスで
GCP内でGoogleのインフラやソフトウェア技術を活用した
様々なサービスが提供されています。

その一つGoogle Compute Engine (GCE)を用いることで
手軽にLinux環境の仮想サーバを構築することが可能なのです。


■IaaSとは?

そもそもIaaSとは、仮想マシンやネットワークなどのインフラそのものを
インターネット経由で提供してくれるサービスのこと。
具体的な例だと、Amazonが提供するAWSが有名ですね。

インフラ自体を提供するサービスなので、利用する仮想マシンの構成であったり
マシン上で動かすOS・ソフトウェアについても自由度が高く
様々な用途に活用が可能なサービスとなっています。

また、実際のハードウェアや回線はデータセンターに置かれているため
・ハードのメンテナンスや故障対応はプロのスタッフにお任せ
・非常用電源設備や回線の冗長化がされている
など自宅での運用に比べメリットが大きいのがポイントです。


■GCPをオススメする理由

複数あるIaaSの中でGCPをオススメする理由は
ズバリ料金にあります。

IaaSは従量課金制利用料金が青天井というケースが多く。
なかなか個人で気軽には使えない…

そこで紹介したいのがGCPだけの特徴として挙げられる
”Always Free(常時無料枠)”の存在です。

AWSやマイクロソフトが提供するAzureにも1年間の無料利用枠が設けられているのですが
GCPでは、他サービスと同様の1年間の無料枠に加えて
一部のサービスが期限なく無料で使用できるようになっています!

上に挙げたGoogle Compute Engine (GCE)も無料枠の対象に含まれており
初期費用も月額費用も一切発生させずに仮想サーバを構築できてしまうのです。

ただ、当然ながら無料枠として利用できる範囲は各サービスごとに決まっており
GCEの場合、無料で使用できるのは最下位プランの"f1-micro インスタンス"に限られています。

"f1-micro インスタンス"基本スペック
1コアCPU
600MBメモリ
30GBストレージ
1GB/月の通信量

Windowsを動かしたり、LinuxでもGUI操作を前提とすると
力不足感が否めないスペックではありますが
LinuxでCUI操作を行う分には必要十分なスペックかと思います。

加えて、1つの仮想マシンに対して固定IPアドレス1つまでは無料
更にはFWリソース監視も無料オプションとして利用可能と
有料VPSと比べても同等以上のサービス内容となっています。

なお、GCEは無料枠以外でも長時間稼働させた場合の割引制度や
他社と比較したとき同コストでより高性能のマシンを利用できるなど
コストパフォーマンスの良さを売りにしているようなので
無料枠を超えてガッツリ使いたい方にもオススメです。




というわけで、今回はGoogleのインフラ上に自分専用の仮想環境をつくれる
Google Compute Engine (GCE)のご紹介でした。

Google Cloud Platform (GCP)の無料枠にはGCE以外にも
ファイルストレージサービスやOCR・音声認識といったAPIも含まれています。
>>無料枠サービス一覧<< 

少し検索するとGCP無料枠の様々な活用方法が紹介されているので
今まで有料サービスを利用するしか方法がないと考えていた事も
GCPの無料枠を上手に活用すれば、手間もお金もかけずに実現できるかもしれませんね。
posted by 舘 at 20:33| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

IT機器の廃棄について

こんにちは。河辺です。

弊社(CBIT)は平成3年の設立より、今期で28期目となりました。

もう四半世紀以上、IT屋として仕事をしております。

詳しくは弊社HPにて↓
 株式会社CBIT(シービット)会社概要

当然の事ながら、IT機器を多く所有してます。

商売道具のようなものですからね。

IT業界のみならず、どの業界でもIT機器は普通に使われてますし、

むしろパソコンとか一切使わない仕事ってまずありませんよね。


そして、PCや携帯電話などのIT機器は劇的に進歩しました。

Windows7が出始めたあたりから(リリースは2009年)

進歩の度合いが緩やかになった感じはありますが、

それでも数年前のPCはスペック的に物足りなさを感じてしまいます。


さて、その古くなって誰も使っていないPC

「もしかしたら何かに使うかもしれない」という理由だったり、

「ある程度まとまった台数になるまで保管する」という理由で

社内の片隅に積まれていませんか?

どうやって廃棄すれば良いか分からない」なんて理由もあるでしょう。


ご自宅の場合も同じですね。

新しいPCの購入時に、『データ移行+古いPCを下取り』なんてサービスを

やっている店舗もありますが、

既存PCが壊れていなければ「まだ使えるし」と保管するケースが多いですね。


そうやって保管していたPC、ずっとそのままにしておくわけにもいきません

まだ動くものであれば、データ消去しオークションや中古販売店に売る、

という手もありますが、それなりの知識や手間をかける時間が必要です。

普通に粗大ごみとして捨てるにも、お金がかかります。

 ※「資源有効利用促進法」(PCリサイクル法)
  2003年施行。廃棄PCはパソコンメーカーが回収・リサイクルを実施する法律。
  PCリサイクルマーク(↓) が付いていないPCは料金がかかる。
    pc_rec.gif

そもそも、PCは個人情報の塊です。

完全にデータ消去できているかも不安ですよね。

ですがちょっとした知識があれば、これは簡単にできるものです。

以前に記事を書いてますので、そちらを参考にしてください。
USBメモリについて(3)USBメモリの廃棄
 この記事の「Cipher.exe」というWindows標準のツールを使います。


「お金もかけたくないし、時間もかけられない。PCの知識もあまり無い。
 売ってお金にしようとは思わないから、タダで持って行ってくれないかな?
 データ漏洩が怖いから、データ消去もちゃんとしてね!」

なんてお思いの貴兄貴女。

良い方法、ありますよ!

それは『PC回収業者』を利用する事です!

多分、ネットで一度は目にしたことがあると思いますが、

「パソコン無料で回収いたします」の文言。

ちょっと惹かれますが、すぐさま思い浮かぶのが「あやしい」ですね(笑

中のデータが目的で、情報を売られるのではないか、と・・・。


『PC廃棄』で検索すると分かりますが、このようなPC回収業者は多いです。

【一部例】
 ・パソコン回収.com
 ・パソコンファーム
 ・パソコン処分.com
 ・パソコン廃棄.com
※似たような名前が多いですが(^_^;)

これら業者に共通しているのが、廃棄ではなく「リユース・リサイクル」という点。

古くなって動作が遅いPCでも、需要があるところにはあるものです。

壊れていて動かないPCでも、パーツを細かく分類してリサイクルします。

これらによって収益化されるため、無料で引き取る事ができるのです。


気になるデータ消去も、しかるべき手段によって消去を行い、

場合によっては物理的な破壊(ドリルで穴を開けたり、高圧で外装ごと破壊する等)

を行い、業者によってはそれを見学できるサービスもあったりします。

当然、「データ消去証明書」も発行されるので安心ですね。


そして、さらに便利な点が。

それはPCだけでなく、いわゆる「家電」も回収してくれる事!

ご家庭やオフィスでもあると思いますが、普通に捨てるとお金がかかるような家電製品。

シュレッダー、デジカメ、掃除機やエアコンまで回収する業者もあります。


引き取り方法も、持ち込みや着払いでの発送、訪問回収など

業者によって色々と方法がありますので、

いくつか比べてみると良いでしょう。

オフィスだけでなく個人でも利用できる業者がほとんどで、

1台からでも受け付けています。


「無料なんて怪しい。タダより高いものは無い。」

なんて思いがちですが、安心安全な業者がほとんどです。

ぜひ利用する事をお勧めします!

posted by 河辺 at 17:11| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

【モヤっとを解決!】そもそも、クラウドって何?

こんにちは、川島です。

今回は、皆さんもよく耳にしている『クラウド』とは
いったい何なのかを書きたいと思います。
今更かもしれませんが、最後まで読んで頂ければ幸いです。

クラウドと聞いて、初めに思い浮かべるのは『インターネットにあるサービス』
だと思います。これは、正解です。

正確にはクラウドとは、『クラウドコンピューティング』のことです。
これは、『インターネットを介してソフトウェアやストレージなどの
提供サービスを利用する』という概念です。

クラウドという言葉が使われる理由は諸説ありますが、IT業界では
インターネットを不明確で、もやっといている雲のようなもの
という比喩的な表現をすることが多いためと言われています。

クラウドサービスには3つの分類があります。

@SaaS (サーズ:Software as a Service)
・・・インターネット経由でソフトを提供するサービス。GmailやOffice365などがこの分類となります。

APaaS (パース:Platform as a Service)
・・・インターネット経由でアプリケーション開発や運用する場を提供するサービス。
主にシステム開発者・管理者向けに提供されるサービスがこれに分類されます。

BHaaS/IaaS 
 (ハース:Hardware as a Service/イアース:Infrastructure as a Service)
・・・インターネット経由でハードウェアや回線などの『インフラ』を提供するサービス。
仮想サーバや弊社で取り扱っている『extorage』などの仮想ファイルサーバなどがこの分類となります。

さて、このクラウドという言葉がなぜ浸透しているのかというと、サービスの品質や
セキュリティ技術の向上により外部にデータを置くことの安全性が高まったこと要因の一つです。
セキュリティ向上により、今までは敬遠されていたファイル保管などの様々なサービスが、
クラウド展開されました。
上記分類に該当する何かしらのクラウドサービスを使っていることに、お気づきですか?
会社でもプライベートでも様々なクラウドサービスを私たちは何気なく使っています。

では、クラウドサービスのメリット・デメリットはどういったところでしょう。
一般的には下記の通りです。
-----------------------------------------------
【メリット】
・サーバ・ソフトの購入不要
・構築時間の短縮
・明確な価格設定によるIT投資の効率化
・メンテナンスフリー
・IT担当者の負担軽減

【デメリット】
・自社専用サービスではないためカスタマイズは困難
・サービスが外部にあることによる安定稼動に対するリスク
・セキュリティ面でのリスク
-----------------------------------------------

デメリットの部分は、当然提供業者でも対策をとっており、
あまり神経質にならなくても大丈夫です。
もし、心配であれば提供業者に下記のような情報セキュリティ対策や運用体制は
どうしているいかを確認されたほうがよいかと思います。
-----------------------------------------------
【インフラ面】
・データセンター耐震性・耐火性
・通信方法
・ファイヤウォールの設置状況
・冗長化の有無

【運用面】
・サービス監視体制
・障碍児の復旧体制
・各種ログの有無
・脆弱性チェック
・ウィルス対策の有無
-----------------------------------------------

クラウドとは何かを書いてきましたが、皆さんの認識は間違っては
いませんでしたでしょうか?今更聞けないクラウドのこと、
改めて確認してみてくださいね。

そして、 弊社で取り扱っている仮想ファイルサーバ『extorage』
よろしくお願い致します!


最後は宣伝ですみません・・・では
posted by 川島 at 05:02| Comment(0) | サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする