2015年05月10日

PDFファイルを修正することは可能?

皆さん、こんにちは。川島です。

今回は、『PDFファイルを修正する方法』について
書きたいと思います。これを、現場でよく聞かれるんですよね。

まず、そもそもPDFとは何かについて、簡単に触れたいと思います。
PDF(Portable Document Format)とは、アドビシステムズ社が開発し、
現在はISOによって標準化されたファイルフォーマットです。
相手の機種・環境に依存することなく、紙に印刷して交換していた情報を、
PDF形式はほぼそのまま表現することができます。

PDFファイルのメリットは、文字だけでなく、画像なども含めることができ、
ファイルが自動的に圧縮されるためデータサイズも小さくなる点があります。
ほかにも、すばやいページ移動が出来たり、パスワードの設定、印刷制限、
テキストのコピー防止などのセキュリティ機能もあります。

さて、PDFファイルは皆さんもご存知『Adobe Reader』をインストールすれば、
PDFファイルは、WindowsやMac、Linuxはもちろん、iOSやAndroidでも
閲覧が可能になります。

ただ、このソフトは閲覧のみであり、編集には『Adobe Acrobat』(有償)など
のソフトウェアが別途必要になります。

つまり、今回の本題であるPDFファイルを修正するには、
編集ソフトを別途入手する必要がある』のです。
ソフトを買うとなればお金も掛かるし、フリーソフトなどになれば社内のルールで
NGな場合が出てきますよね。

そこで、私が案内している方法は下記2つです。

1つ目は、
『@紙に印刷⇒A手修正⇒BPCに取り込み、PDF化』です。
説明は省きますが、単純な力技です。

2つ目は、
『@画面コピー取得(PrtScキーなど)⇒AWord・Excelに貼付・修正⇒BPDF化』という
方法です。

なぜWordやExcelなのかというと、使い慣れているため編集しやすいこともありますが、
WordやExcelでPDF保存出来るからです。
OfficeでPDF作成が出来るようになったことについては、過去に記事を載せています。
そちらも見てみてくださいね。 

この方法であれば、内容が崩れることもなく、使い慣れている
Excel・Wordで編集・加工も出来て、さらにはPDF化も簡単です。

但し、注意があります。
ネット上に公開されているPDFは、著作権が関係するものもあり、
法に触れる可能性があります。これらのPDFについては、やめておいた方がいいですね。

あくまで、社内で作成したPDFなどで修正が必要な場合のみで、
社内文書の扱いなどのルールに基づいて行ってくださいね。
重要な文書などの場合は、編集禁止プロテクトなどの改ざん防止対策を
取ってくださいね。
posted by 川島 at 23:26| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

Googleストリートビューの進化

お客様先への訪問場所の確認や、昔住んでいた街の情景、
さらには行ってみたい場所へのバーチャル散歩などなど。
ビジネスでもレジャーでも大活躍のGoogleストリートビュー

一番の優れたポイントは、ただの写真ではなく360度パノラマ画像で見渡すことができ、
実際に歩いているかのように移動できる点ですよね。

簡単には行けない、世界の遺跡巡りの旅(バーチャルですが)なんて
一度見始めると時間を忘れて入り込んでしまいます。
富士山の山頂とか、「こんな所まで撮影に入ったの??」って場所も多く驚きます。
陸上だけじゃなく海の中、有名なスポットでダイビングだってできるんです。
メトロポリタン美術館の中も移動して閲覧できるって知ってました?


そして先日、このGoogleストリートビューに新たな機能が加わったのをご存じでしょうか。

その名も「タイムマシン機能」!

もう名前で推測できるかと思いますが、想像の通り、今現在だけでなく過去のデータも
参照できる機能です。
スカイツリーが出来る様子や、以前ここ何があったんだっけ?という確認もできたりします。
※画面左上欄内の時計マークです。

もちろん、Googleが撮影を始めた2008年以降の画像データがある場合だけですけどね。

今はまだ数年しかデータが無いので、あまり変わり映えはしないかもしれませんが、
これが数十年後ともなると非常に価値のあるデータとなりそうですね。

まぁその頃にはもっと進化してそうですけど。
『世界中のWebカメラと連動させ、リアルタイムデータが見れる』とか
『音声データも収録し、ヘッドマウントディスプレイ+ヘッドフォンで臨場感ハンパねぇ』
とかとか、あるかもしれません。
Googleさん、今後も色々と楽しませてくださいね!

posted by 河辺 at 12:19| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

エンジニアの悲哀

こんにちは。河辺です。


さて本日の記事ですが、面白い動画が公開されていたので紹介したいと思います。
「ITサポート」とは関係が薄い内容ですが・・・。
7分少々と若干長いですが、IT関係者の方は是非ご覧ください。




※字幕が表示されない場合は、右下のメニューから字幕を選んでください。


不可解な注文をするクライアント、不可能と言わせない上司とのエンジニアの攻防です。
これは分かりやすく例題を出しているだけですが、実際このような場面は多いようです。


コメントでは

どの国でも同じだという安心感がもてました。」

「笑えるどころか胃が痛くなってきた。」

等々。。。


専門以外の人は、何でも出来る魔法の技術と思っているのでしょうか。
できればこのような場面には遭遇したくないものですね・・・。


この動画を見て、ちょっと違いますがコレを思い出しました。

『顧客が本当に必要だったもの』

business_caricature.gif


ITビジネスにおける多難なシステム開発プロジェクトの風刺画です。
つい頭の中で『あのシステム導入した時は〜・・』と当て嵌めてしまいますね。

まぁ、あまり多くは語りませんが、弊社はもちろんこのような事はありませんのでご安心ください!


posted by 河辺 at 18:04| Comment(0) | 小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする