2016年03月28日

ブロードバンドルーターとは?


今回は、今更ながらブロードバンドルーターについて書きたいと思います。

そもそも、このブロードバンドルータって何?という方もいると思います。
『なんとなくセキュリティが向上すると言われているからつけている』
『無線LAN機能があるから何となくつけている』、
というのが一般的な意見と思います。

概ね考え方は間違いないですが、実はちょっと違うんです。

ブロードバンドルーターとは、そもそもは『複数のPCで同時に
インターネットを利用するのを可能にする機器』です。

通常プロバイダからはIPアドレスは1つだけ発行されます。
そのため、複数のPC台で使うには、その1つのIPアドレスを
受け取り、プライベートIPを発行し分ける機器が
ブロードバンドルーターになります。

ブロードバンドルーターには下記機能があります。

【プロバイダからの情報に対する機能】 ※機器によって異なります
@PPPoE機能
プロバイダーから発行された接続用ユーザID・パスワードを埋め込むことで、
PCごと・通信機器ごとに設定をする必要がなくなります。

ADHCPクライアント機能
回線によってはユーザID・パスワードを必要としない場合があります。その場合は、
プロバイダからIPアドレスが発行されます。

【接続機器に対する機能】 ※機器によって異なります
@DHCPサーバ機能
自動的にプライベートIPアドレスを払い出し、初めてルーターに繋げる機器でも
ネットワークを使用できるようになります。無線で接続する機器やハブを使用している
場合でもIPを自動発行してくれます。


では、そもそもで何故セキュリティが高くなるのかというと、多くの機器に、
『ファイアウォール機能』『パケットフィルタリング機能』アクセスを防ぐ機能が
備わっているためです。

また、『NAT機能』というもので、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの
相互変換機能があるものが多いので、不正侵入を食い止めることが出来るのです。


さて、ブロードバンドルーターには2種類あり、有線と無線があります。

ここは好みもあるのですが、確実に通信したいのであれば有線、
家のどこでも通信したいのであれば無線と用途に合わせた使い方を
された方がいいと思います。

無線については、以前に掲載していますので、参考にして見てください。

では、簡単ではありますが今回はこの辺で。
posted by 川島 at 12:30| Comment(0) | PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

SurfacePro3 TypeCoverが反応しなくなった場合の対応方法 ツー ボタンシャットダウン

こんにちは、神代です。

今回も前回に引き続きSurfaceを導入されている
お客様先で行った対応について紹介したいと思います。

今回はSurfaceのキーボードが反応しなくなった場合の対応になります。

Surfaceの条件はこちら

1.機種はSurface Pro 3
2.OSはWindows8.1
3.キーボードはType Cover

Microsoftサポートサイトを調べたところ、
ヒットしたページがこちら

対応パターンは5つ用意されており、下記内容になります。
ちなみに今回はType Coverでしたが、Touch Coverでも同様の対応で大丈夫そうです。

1.カバーがまったく機能しない
2.カバーのキーは機能しないが、タッチパッドは機能する場合
3.タッチパッドは機能しないが、カバーのキーは機能する場合
4.入力したとおりに画面に表示されない
5.バックライトまたはタッチスクリーンの明るさ調整キーに問題がある場合

今回の問合わせ内容的には1.が最もマッチしていたのですが、
結果的に2.
解決策5:ツー ボタンによるシャットダウン(Surface Proモデルのみ)で解決しました。

※ツー ボタンによるシャットダウンはProモデルのみ可能なので
 Surface RT、Surface 2、Surface 3では行わないようにしてください!!

早速対応内容を紹介します!

手順1:Surfaceの電源ボタンを30秒間押したままにしてから、離します。
SurfacePro3_1.png

手順2:音量を上げるボタンと電源ボタンを同時に押し、
    そのまま15秒以上押し続けてから、両方のボタンを離します。

    画面にSurfaceロゴが短時間表示される場合がありますが、
    両方のボタンを少なくとも15秒間は押し続けてください。
SurfacePro3_2.png   SurfacePro3_3.png

手順3:ボタンを離した後、10秒間待ちます。

手順4:電源ボタンを押して離し、再度Surfaceの電源を入れます。
SurfacePro3_1.png


以上になります。
とても簡単ですが、
になりますのでSurface Proシリーズを使うなら覚えておいて損はないと思います!!

それでは今回はこの辺で!
posted by 神代 at 11:37| Comment(0) | PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

Surface Pro 3について

こんにちは!川島です。

今回は、マイクロソフト社が販売している『Surface Pro 3』について、
5つのポイントに絞って書きたいと思います。最後までお付き合い頂ければと思います。

皆さんも『Surface Pro』という名前は聞いたことがあるかと思いますが、
本製品はマイクロソフト社が販売しているタブレット型PCです。
そんなSurface Proですが、気づくと3代目となっています。
ITの進化は本当に早いですよね・・・・

Surface Pro 3の詳細スペックについては公式ページにて確認してみてください。
一般的なノートPCとほとんど変わりない性能となっています。
OSは最新のWindows8.1です。
Windows8.1については、また別の機会に取り上げますね。


@『値段』

値段は、最小構成(ディスク容量128MB)で12万円ほどで、

【安い】 タブレット < Surface < ノートPC 【高い】

といった感覚ですね。やはり、同等スペックのノートPCと比較すると安いですね。
タブレットとして考えると、少々高いです。


A『重さ』

重さが800g(ただし、タイプカバーが295g)ということで、
実際に持ってみると結構重量感があります。その分頑丈な作りには感じますね。
軽すぎて簡単に壊れてしまいそうな感覚はないので、安心感があります。

個人的には、通勤中に手軽に取り出せるような感覚は持てませんでした。
約1Kgは片手で持つには重過ぎます。


B『起動速度・稼働時間』

最近のPCと同じくSSDというディスクのためすごく早く、数秒でログイン画面になります。
また、起動後もWord・Excelなどを操作していても重くなることは無かったです。
稼働時間も最大約9時間とわりと長いですね。


C『外観』

画面サイズ12インチということもあり大きく見やすいです。
画面タッチでの操作もしやすいですが、表面に指紋が残りやすいです。
タッチペンも付属されていますが、画面がガラスのように感じられるため
ちょっと怖いんですよね。


D『外部端子』

ここが、私が一番残念に感じたところです。

・VGA端子がない(変わりにMicroHDMIポートがあります。)
最近の薄型PC(ウルトラブック)でVGA端子がないため、プロジェクタに接続ができない
ということで困ることが多いんですよね。

・USBポートが1つのみ。
別売りのUSBハブがないと困るかもしれませんね。プリンタ分+1くらいは欲しいです。

・ACアダプターの端子が外れやすい。
マグネットになっているようで、近づけると簡単に接続されます。
しかし、簡単に接続できる分、外れやすくもあるのです。
ちょっと何かに引っ掛けてしまうと外れてしまいます。

最近のウルトラブックやタブレットにありがちな、端子の少なさが不便ですね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて、簡単ではありますがSurface Pro 3について書かさせて頂きましたが、
良くも悪くもタブレットとノートPCの中間でした。
しかし、タブレットのように使えて、Windowsアプリが動かせると考えると、
少々の不満点も気にならないくらい使い勝手が良いと思います。

posted by 川島 at 09:45| Comment(0) | PC・タブレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする